スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛肉汚染に対する学校給食の対応抗議文 に対する教育委員会からの回答

少し前に牛肉汚染が発表され

横浜市や県に対して抗議文をメールしましたが

その回答がきました。


以下、原文


教育委員会事務局健康教育課

このたびは、「市民からの提案」をお寄せいただきありがとうございました。
ご指摘をいただきました件について、次のとおりお答えします。

市場に流通している食材については、その出荷元の自治体において、検査を行っているため、安全であると考えます。牛肉については、厚生労働省の依頼に基づき、東京都が検査したところ、食品衛生法の暫定規制値を超える放射性セシウムが検出されました。原因究明の調査を行った結果、屋外放置された稲わらから高濃度の放射性セシウムが検出されたと報告されています。
学校給食においては、一時的な措置として、7月11日から牛肉の使用を見合わせました。今後、牛肉の検査体制等を注視し、適切に対応していきます。
なお、南相馬市の同じ農家から出荷された6頭及び浅川町から出荷された42頭については、本市の給食で使用されていません。
引き続き、国の動向や検査の測定値に注視しながら、適切な対応に努めていきます。

平成23年7月29日
 横浜市教育委員会事務局 健康教育課長 清水 文子
 (健康教育課 電話:045-671-3277 FAX:045-681-1456)
 (ダイレクト広聴 第 23-900067号)



毎回、代わり映えする事もなく


地域の対応は正しい!

市場に流通している食品は安全だ!


と返信されてきました。


実際に出回っているのに、

まだ自分たちの非を認めようとしない方たち。



今後とも子供たちのために


できる範囲で対応し、

国や地方に少しでも対応していただけるよう


精進していきます。



昨日、ツイッターにもアップしましたが

こちらをご覧いただくと

今までの国の対応の酷さがわかります。

http://t.co/rNe7eQo


1日も早く対応してほしいものです。



愛をこめて
スポンサーサイト

神奈川県、横浜市に再度学校給食についてお願い文をだしました

福島産の高濃度汚染された牛肉出荷の報道を機に

再度、お願いの文をメールしました。

以下原文


いつも大変お世話になっております。

市場に出まわっている食品は安全だと言っておられましたが、

現実的に高濃度汚染された福島産の食品が出荷されております。

どういう事でしょうか?

『安全だから大丈夫』と福島産の食品を子供たちに提供し続けていて

心が痛みませんか?

きちんと責任をとれるのですか?

学校給食も1週間だけ様子を見るとかではなく、福島産の食品を当面の間使わず、

他の安全な地域から食材を調達していただきたいと切に願います。


セシウム汚染餌の牛、42頭出荷=仙台、千葉、東京、横浜で食肉処理―福島県

時事通信 7月14日(木)19時42分配信

 福島県は14日、南相馬市の農家が出荷した肉牛から食品衛生法の暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)の放射性セシウムが検出された問題で、新たに浅川町の農家が規制値を大幅に超える高濃度の放射性セシウムに汚染された稲わらを餌として肉牛に与えていたと発表した。この農家からは今年4月以降、42頭が出荷され、東京都や千葉県、仙台、横浜両市のと畜場で食肉処理された。肉は岩手、山形両県にも出荷されており、既に一部は消費された可能性がある。福島県は県内すべての食肉用牛農家約4000戸に対し、14日から5日間程度、肉牛の出荷と移動を自粛するよう要請した。
 県によると、県内の食肉用牛農家に対する立ち入り調査を実施したところ、浅川町の農家が保管していた稲わらから、1キロ当たり最高9万7000ベクレルという高濃度のセシウムが検出された。
 42頭は、4月20日までに横浜市(14頭)、5月11日までに千葉県(5頭)、6月16日までに東京都(13頭)、7月6日までに仙台市(10頭)に、それぞれ出荷され、食肉処理されたという。福島県はこれらの牛肉の流通先について、厚生労働省などを通じて調査を急いでいる。
 この農家は、汚染された稲わらを白河市の稲作農家から購入して牛に与えたといい、県の調査に対して「与えていけない稲わらだとは知らなかった」と話している。
 仙台市によると、同市のと畜場で処理された肉のうち、1頭分470キロは7月7日に東京都港区の卸業者に出荷された。7月11日には岩手県花巻市の業者が8キロ、山形県酒田市の業者が360キロをそれぞれ購入したという。 


嫌味を言うつもりはありませんしもともと大嫌いです。
しかし、あなたたちの言動や行動がそうさせるのです。
どうか、神奈川県民、横浜市民、父兄の願いを真摯に受け止めていたけだけませんでしょうか。
よろしくお願いします。




なんとか変わってほしい。


愛をこめて

学校給食の献立変更についてのお知らせ(横浜市)

7月11日付で娘たちが通っている学校からお知らせが・・・


以下、原文を一部抜粋


本日、横浜市教育委員会からの連絡で、学校給食での牛肉の使用を控える通知がまいりましたので
お知らせ致します。
今般、福島県南相馬市の緊急時非難準備区域から東京都食肉市場に出荷された牛の肉を厚生労働省の
依頼に基づき、東京都が検査したところ、食品衛生法の暫定規制値を超える放射性セシウムが検出
されました。
横浜市でも南相馬市から横浜市中央卸売場食肉市場に入荷した牛について検査した結果、暫定基準値
うぃ超えるものはありませんでしたが、東京都の検査により暫定基準値を超える放射性物質が検出
されたこと、各県に厚生労働省からモニタリング検査の強化が発出されたことから、念のため、
『今週の給食』での牛肉を控えることとなりました。
このため○○小学校では、11日・・・12日の献立・・・豚肉に変更し・・・。


あれほど訴えていた福島産のたべものを入荷し続けて、ずっと放射能に汚染された食べ物を食べされ
続けていたにも係わらず、今頃になって検出されたと言い出す始末。

しかもたったの2日間だけ。


これだけの事が起きたにも係わらずたったの2日間だけとはどういう神経をしているのか。



呆れて物も言えません。



お役人さんたちは狂ってるとしか言いようがない。


普段、人の悪口を言うのは大嫌いですが、


なぜかでてしまう。



本当に悲しい・・・



子供たちの安全を



そして


日本の安全と平和を返してほしい




愛をこめて
twitter
プロフィール

Theta champ

Author:Theta champ
シータ日記 Theta Diary へ
ようこそ!

横浜市在住
年齢 43才

念願のシータヒーリングの
インストラクターに!

シータ日記最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
おすすめカフェレストラン
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
シータヒーリング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。